Munich Franz-Josef Strauss

ミュンヘン国際空港

ミュンヘン国際空港(フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港)は、ドイツで2番目、ヨーロッパでは7番目に旅客数の多い空港です。

1992年ミュンヘン中心地から北東28.5キロに開港、現在は66ヶ国228ヶ所へ発着しています。
バイエルン州の首相を務めたフランツ・ヨーゼフ・シュトラウスに因んで名付けられた空港の敷地面積は15.6平方キロメートルです。2ヶ所のターミナルはミュンヘン空港センター(MAC)、複合商業施設や企業オフィスエリアに隣接しています。

プライオリティ・パスをお持ちの方は、下記のミュンヘン国際空港ラウンジをご利用いただけます。

お飲み物(アルコール類を含む)、Wi-Fiインターネット接続、新聞や雑誌など空調の効いた静かな空間にてお楽しみいただけます。搭乗状況が確認出来る画面が設置されているので、ご自身の搭乗時間までごゆっくり過ごしください。一部のラウンジでは2歳以下のお子様は無料、バリアフリーや分煙に対応しており、シャワー室のご利用が可能です。

プライオリティ・パス1枚で搭乗クラスや航空会社を問わず、世界1000以上のVIP空港ラウンジをご利用いただけます。

Terminal 1

Lounges

プライオリティ・パスお申し込み

お申し込み手続き完了後すぐにラウンジ・クラスをご体験いただけます。
お申し込みはこちらから